海外FX会社って何?

日本に数社の金融商品取引会社(例:証券会社)があるように、
海外にも金融商品取引を行っている会社があります。

 

海外に会社の拠点がある会社をおおまかに”海外FX会社”や”海外FX業者”などと呼びます。

 

「海外FX業者」などで検索すると不安を掻き立てるような内容のサイトがありますが
それは日本国内の証券会社などでも同じです。

 

ただ、会社の拠点があるのか国内にあるのか海外にあるのかの違いだけです。

海外FX会社は大丈夫なの?

最近の海外FX会社は他国向けのサポートがしっかりしています。

 

日本人のスタッフが専属していたりと安心度が増しています。
当サイトが紹介している海外FX会社には日本人スタッフがしっかり対応してくれます。
(メールでの問い合わせも日本人スタッフによるしっかりした日本語で返信してくれます)

 

当サイトで紹介している海外FX会社は取得が厳しいライセンスを持っている会社もあります。

 

逆にライセンスを持っていない海外FX会社には十分注意して下さい。

 

もちろんこれから取得する可能性もあるかもしれませんがライセンスも持っていない海外FX会社に大切なお金を預けることは非常に危険です。

 

またライセンスによっても”取得しやすいもの”と”取得しにくいもの”があります。
取得が厳しいライセンスを持っている会社をまずは一番有力視してそれから色々な会社を調べてみることをお勧めします。

出金拒否はされるのか

海外FX会社をネットで調べると必ずと言っていいほど出金拒否のキーワードが検索されます。

 

事実かどうかは調べて頂ければわかると思いますが、それらの情報も一部は信憑性に欠けるものもあります。

 

出金拒否される理由としては顧客が規約に違反した行為をしたのでは?という事です。

 

各海外FX会社には規約で禁止行為を規定しています。
それらをちゃんと確認せず、知らずに禁止行為を行っていた挙句、出金できない場合です。

 

会社側が一方的に無理やり理由をつけて出金拒否することは、正直言ってあまり考えにくいのですが、何が出金拒否の要件に該当したのかをサポートに問い合わせることも必要です。

 

大金を出金すようとすると出金拒否されたり連絡が止まる?

このサイトで紹介している会社では出金拒否されたという話は聞いたことがありません。
ネットで探すと1,000万円位の出金であれば普通に出金できますし、実際に管理人が使用している会社では、出金拒否の経験はありません。
実はここで紹介している海外FX会社の他に海外のブローカーは思っているより沢山あります。
中には出金拒否が当たり前のようなひどい会社があることも事実です。

 

出金拒否されるという情報がある以上は、海外FX会社に大金を入金したり保有しておくのは管理人は危険だと感じています。

 

海外FX会社は少額を入金し、複利運用して、少額づつ利益を下していくのが上手な付き合い方だと思っています。