総合ランキング 第1位 XM

 XM(エックスエム)

  • 2009年にセーシェル共和国(イギリス連邦加盟国)に設立され拠点を置くブローカー。
  • 海外FX会社の中では知名度が非常に高い。
  • 資本金、ライセンス、信託保全、約定スピード、追証なしなど、どれをとっても信頼度は高い。
  • 今まで幾度も発生した金融危機にも破綻することなく、またしっかりと追証損失を肩代わりしていることでも安心感がある。
  • スプレッドが他の会社に比べ広く設定されているがその分入金ボーナスや取引に応じたボーナスが貰えるのがうれしい。
  • 当サイト管理人がメインで使用している会社でもあります。
スプレッドの狭さ 運営期間の長さ 安心感
項目1 項目2 項目3
ボーナスの有無 追証 最大レバレッジ
あり 追証なし 888倍

 

XMの詳しい内容はこちらのページへ

XMの口座開設はこちら

総合ランキング 第2位 TitanFX

 TitanFX(タイタンFX)
  • 2016年3月ニュージーランドに登録された若いブローカー。
  • 最新テクノロジーZero Point(ゼロポイント)により他の会社とくらべ狭いスプレッドを提供している。
  • 複数のサーバーを通信速度が非常に速いことで知られるニューヨーク金融データセンター内に複数設定することで安定した取引が可能。
  • 約定スピード、追証なし、最大500倍のレバレッジなど若い会社でも他社には劣らない。
  • 取引手法に制限を置いていない。スキャルピング、EAなど使いたい放題。
スプレッドの狭さ 運営期間の長さ 安心感
項目1 項目2 項目3
ボーナスの有無 追証 最大レバレッジ
なし 追証なし 500倍

 

TitanFXの詳しい内容はこちらのページへ

TaitanFX口座開設はこちら

総合ランキング 第3位 Bigboss

Bigboss financial(ビックボスフィナンシャル)
  • 2013年にニュージーランドに設立されたブローカー。
  • もともとプロのファンドマネージャー向けのサービスを中心におこなっていたが、個人の顧客向けにサービスを開始した。
  • スプレッドが非常に狭く、2017年3月3日にスプレッドをさらに狭くするなど日々の企業努力を怠らない。
  • 以前は証拠金が100%を下回るとロスカットされたが証拠金維持率を引き下げたことでハイレバレッジでも取引が可能になった。
  • ビットコインでの入金も可能
  • 海外FX会社では珍しく代表取締役の氏名と住所メールアドレスが公表されている。
  • 以前は無かったECN口座(プロスプレッド口座)を取り扱うようになった。
  • これまで期間限定で行われていた取引ボーナスが常時貰えるようになり、スプレッドも狭いため2019年に3位に昇格させました。
スプレッドの狭さ 運営期間の長さ 安心感
項目1 項目2 項目3
ボーナスの有無 追証 最大レバレッジ
あり(2019年変更) 追証なし※ 555倍

 

Bigbossの詳しい内容はこちらのページへ

BIGBOSS口座開設はこちら