NDD方式にはSTP方式とECN方式がある

NDD(ノー・ディーリングデスク)方式は、そのディーラーを通さず直接金融機関と取引をする方式です。
海外FX会社はこのNDD方式を採用する会社が増えてきましたという事はこちらのページで書きました。

 

NDD方式にはさらに2つの方式(口座種類)に分かれます。

 

STP方式(口座)とECN方式(口座)です。

 

STP方式とは

口座開設したときに選択する一般的な口座。
顧客からの注文を、銀行などで構成されるリクイディティーププロバイダーが掲示した価格(市場価格)より有利な価格で成約すれば、その差額分が海外FX会社側に手数料として支払われます。
手数料はかかりませんが、手数料分はスプレッドに加えられています。

 

ECN方式とは

顧客からの注文を他のトレーダーやリクイディティープロバイダーなどが参加する電子取引市場にダイレクトに発注する方式です。
顧客の注文が市場の価格(他のトレーダー等の注文)とマッチしたときに約定し、約定金額に対して手数料を海外FX会社に支払います
取引手数料を支払うためスプレッドはSTP口座よりもかなり少ない設定になっています。

 

このECN方式は、株取引と同じ取引方法と思えばわかりやすいです。
STP方式ではどの価格帯にどれだけの注文が入っているのかの表示(”板”と呼ばれるもの)をすることができませんが、このECN方式ではその価格表示が可能なので透明性の高い取引が可能と言われています。

NDD方式にはSTP方式とECN方式がある