金融庁の許可について

日本で金融商品取引業をする場合は金融庁の許可(登録)が必要になります。
この許可(登録)がなく金融商品取引業を行うと逮捕されます。

 

注意点としては日本国内で金融庁の許可を得ていない業者は危険(違法)なので絶対にやめてください
つい先日、日本国内で日本人がこの許可を得ずに金融商品取引業を行っていたため逮捕されました。
その人曰く、許可が必要だとは思わなかったそうです。

 

この金融庁の許可(登録)を得て取引業をする場合は、レバレッジを25倍までに制限しなければなりません。
海外FX会社が金融庁の許可を得ない理由はそこにあります。

 

しかし、海外に所在する業者であっても、日本の居住者のために又は日本の居住者を相手方として金融商品取引を業として行う場合は、原則として、金融商品取引業の登録が必要です。

 

登録を受けずに金融商品取引業を行うことは禁止されています。
金融商品取引法違反として罰則の対象となりますが、これは海外FX会社側が罰則を受けることで実際に取引している日本人がこの対象となることはありません。

 

ただ”出金拒否等のトラブルなどがあっても日本国は守りませんよ”ということです。