国内業者と海外業者の違い レバレッジについて

国内証券会社の場合は、各社それぞれ長所短所があり、約定スピード、スプレッド、取引ツールなどにあまり大きく変わるところはないため正直いって使い慣れたところで落ち着いてしまいます。
決め手となるのはスプレッドと約定スピードでしょうか・・・。

 

ただ、どの証券会社でも決まっているのはレバレッジ規制があることです。

 

日本の証券会社は金融庁の許可(登録)を得て金融商品取引業を行っているため
レバレッジは最大で25倍までと決まっています。

 

日本でも2010年までは今の海外FX会社と同じように最大400倍くらいまで可能でした。
しかしハイレバレッジによる資金に対する損失の計算を無視したギャンブル取引が横行し、数万円を何億にすることができる一方、反対に同じような額を損した人もいたそうです。

 

それにより国がレバレッジを最大で25倍と規制することでギャンブル取引をしないようにしたのです。

 

海外FX会社の場合、金融庁の許可を得ていないためレバレッジを高く設定することが可能です。

 

日本国内の証券会社と海外FX会社の大きな違いはこのレバレッジの差でしょう。

 

私はレバレッジは高ければ高いほど良いと思っています。
レバレッジの高さを悪い方に使わなければよいだけです。

 

ハイレバレッジは有効に活用することで強力な武器になります
しかし身を亡ぼす諸刃の剣でもあります

 

少ない資金でハイレバレッジによって儲けを一気に出そうというのはギャンブルと同じです。
例え一時的に儲けたとしてもいずれは破綻します。

 

海外FX会社はハイレバレッジが設定できるとはいえ、必ずハイレバレッジで取引しなければならないわけではありません。
上手く使うことがトレーダーとして成功する秘訣のひとつだとおもいます。